MENU

モクシーソウル明洞子連れ宿泊記!プラチナ特典レポ

こんにちは!

普通や常識に縛られない自由なママ

さよです^^

  

今回は、子連れでアロフトソウル明洞に子連れで宿泊してきたのでレポしていきます。

目次

モクシーソウル明洞ホテル子連れ宿泊記

モクシー明洞ホテルは、ソウル中心部で明洞通り付近にある3つ星ホテルです。

マリオット系列のルメリディアンホテルも入っています。

レセプションは4階になります。

ルメリディアンホテルも2泊しましたが、とても素敵なホテルでした^^

モクシーのレセプションはこちら。

アクセス

明洞駅から徒歩約5分

ロビー・チェックイン

ロビーはモクシーらしいポップな空間♪

チェックインカウンターでチェックインをしていきます。

モクシー明洞ホテルのプラチナ特典とポイント無料宿泊がおすすめ

プラチナエリート特典

  • 客室アップグレード(空室状況による)
  • ウェルカムドリンク
  • 16時までのレイトチェックアウト(空室状況による)
  • 選べるウェルカムギフト(マリオットボンヴォイのポイント500ポイント、ホテル朝食大人2名、ボトルビール2本)

ウェルカムドリンクがオシャレでした^^

無料宿泊に必要なポイント数

今回利用したポイントは22,000ポイント

モクシーソウル明洞ホテルの部屋レビュー

エレベーターでお部屋に向かいます。

今回宿泊するお部屋は、503号室。

広いお部屋に無料アップグレードしていただきました。

めちゃくちゃ広い!!

今まで日本のモクシーホテルには何回も泊まってきましたが、こんなに広いモクシーホテルは初めてです!

壁には、液晶テレビ、椅子、テーブル、バスローブ、ミラーがかかっています。

バスローブ1つは子供用が用意されていました。

テーブル、椅子。

ミニ冷蔵庫。

ベッドルーム(子供の添い寝)

子供の添い寝は無料でした。

ベッドの上には、トブラローネのチョコレートが置いてあります。

ベッドサイドには、スツールが置いてあります。

世界対応コンセント、USBコンセント。

ベッドとベッドの間には、台があります。

ベッドの下の引き出しには、セキュリティーボックスがあります。

ミニバー

電気ケトル、ミネラルウォーター3本。

コンセント。

タブレット。

電話、メモ帳、ボールペン。

引き出しの中には、マグカップ、illyインスタントコーヒー、緑茶とウーロン茶のティーバック。

バスルーム・アメニティ

バスルームには、洗面台、シャワールーム、トイレが揃っています。

洗面台。

シングルボウル。

ハンドウォッシュ。

歯ブラシセット。

ランドリー袋、スリッパ。

ヴィダルサスーンのヘアドライヤー。

シャワールーム。

シャワーは2つあります。

ベルガモット&ティーツリーのシャンプー、コンディショナー。

グレープフルーツ&ミントのシャワージェル。

トイレはウォシュレット付きです。

モクシーソウル明洞ホテルのモクシーバー(18:00〜01:00)

モクシーバーの席はいくつかのエリアに分かれています。

モクシーバーには、ソフトドリンク、アルコール、軽食、スナックを販売しています。

ビールマシン。

コーヒーマシン。

韓国のカップラーメンがずらり。

無料のゲームコーナー。

300種類以上のゲームが入っていて、息子は夢中で遊んでいました!

子連れにはありがたいサービスです^^

ロッカーもあります。

大きなクマ。

モクシーソウル明洞ホテルの施設

5階にアイロンルームがあります。

アイロン台、アイロン。

ドラム式洗濯機。

なんと、無料です!

洗剤もあります。

まとめ:モクシーソウル明洞ホテル子連れ宿泊記

今回は、モクシーソウル明洞ホテルに子連れで宿泊した様子をレポしていました!

 

今回無料ポイント宿泊で、広いお部屋にアップグレードしていただき、

快適に過ごすことができました♪

 

モクシーバーにあるゲームも無料で遊べて、子供は大喜びでした^^

こじらせママの心を整える無料メール講座

私は、自分のことを責めてしまう
自己否定ばかりのこじらせママに向けて
子育てママの悩みを根本改善する
「心の整え方」を伝えています^^

「子どもに怒鳴らなくなる」
「喧嘩が減り夫婦関係が良くなる」
「自己肯定感が上がり自分を大切にできるようになる」
「イライラせず毎日笑顔で過ごせるようになる」

こんな日々を送れるようになります♪

まずは「心の整え方」を
無料メール講座で学んでみてください^^

→「こじらせママの心を整える無料メール講座」はこちら

  

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次